第13回 野口英世×秋山仁

苦難にめげず医学の道を志した野口英世。 不屈の精神を持って志を貫徹すれば後から才能や実績はついてくる。 その思いは当時大学院生だった数学者・秋山仁に受け継がれ、 人生を数学に捧げる決意をするきっかけとなった。

おすすめ情報

  • ご注意ください!塗料の素材で耐久年数が違います!屋根塗装 静岡の渥美建装へひとまずご連絡を!

野口英世

野口 英世(のぐち ひでよ。1876年(明治9年)11月9日 - 1928年(昭和3年)5月21日)は、日本の細菌学者。

1876年11月9日、福島県生まれ。ペンシルベニア大学医学部を経て、ロックフェラー医学研究所研究員。細菌学者として数々の論文を発表し、ノーベル生理学・医学賞候補に3度なる。黄熱病の研究中、自身も罹患し、1928年5月21日、アフリカのガーナのアクラにて死す。栄典は、正五位・勲二等・旭日重光章。学位は医学博士(京都大学)、理学博士(東京大学)。称号はブラウン大学名誉理学博士、イェール大学名誉理学博士、パリ大学名誉医学博士、サン・マルコス大学名誉教授・名誉医学博士、エクアドル共和国陸軍名誉軍医監・名誉大佐。キリスト者。 妻はメリー・ロレッタ・ダージス。 学歴は、猪苗代高等小学校卒業、済生学舎(現在の日本医科大学)修了。

後世への影響

  • 「偉人伝」としては、戦前からよく取上げられる人物であった。
  • 野口英世記念医学賞 - 財団法人野口英世記念会が優れた医学研究に贈る賞(1957年創設)
  • 2004年11月1日に発行された日本銀行券E千円券の肖像画になっている。
  • 2004年9月13日、野口英世の出身地に因んで、福島県耶麻郡猪苗代町の翁島郵便局が野口英世の里郵便局と改称された。
  • 野口英世アフリカ賞 - 日本で開催されるアフリカ開発会議で表彰される賞。医学者が主な受賞対象となる。

秋山仁

秋山 仁(あきやま じん、1946年10月12日 - )は、東京都出身の数学者。東海大学教育開発研究所教授。専攻はグラフ理論、離散幾何学。

髭を生やし、長髪にバンダナを巻くという学者らしからぬスタイルで、テレビ出演もしている。通称「レゲエ教授」。かつては駿台予備学校で予備校講師もしていた。数学検定の会長なども歴任。NHK高校講座「数学基礎」の講師を担当している。

2003年7月に北海道網走市の廃校舎を利用した、「オホーツク数学ワンダーランド」の名誉館長を務め作品を多数展示していたが、2007年3月をもって運営する「特定非営利活動法人オホーツク数学ワンダーランド」が解散し、閉館となった(最終開館日は冬期休館前の2006年11月)。初年度は1万人以上の来館者があったが、徐々に減少して2006年度は約3,300人に落ち込み、自身もテレビ出演や学会などで来館が難しくなっていた。

兄は元岐阜大学流域環境研究センター・流域圏科学研究センター長/教授の秋山侃。

学歴

  • 1965年 - 駒場東邦高等学校卒業
  • 1965年 - 東京理科大学理学部第二部数学科入学
  • 1969年 - 東京理科大学理学部第一部応用数学科卒業
  • 1972年 - 上智大学大学院理学研究科数学専攻修士課程修了
  • 1978年 - 1979年 ミシガン大学フランク・ハラリー教授に師事(専攻はグラフ理論)
  • 1982年 - 理学博士号(東京理科大学)取得。博士論文は"Factorization and linear arboricity of graphs"

お気に入り

  • ご不要になられたものでしたら、何でもお引取りいたします。京都市 便利屋では、低価格にて処分させていただく廃品回収を専門に行っております。

△このページのトップヘ